納骨堂のさまざまなスタイルとさまざまな使い方をご説明

喪服を着ている男女

納骨堂の使い方

お墓

納骨堂という施設には仏壇式だの機械式だの色んなスタイルのものが存在していますが、用途としては、どのスタイルの納骨堂も、かつて「お墓」が担っていた役割を受け継ぐものです。納骨堂は、お墓よりも抑えた費用で準備できるだけでなく、掃除などもお寺にすっかりお任せしてしまうことができます。とはいえ、今でこそそんな使い方がすっかり定着していますが、もともと納骨堂は、文字どおり「遺骨を納める施設」以上の存在ではありませんでした。骨壷がひとつ入るくらいの小さなスペースが延々と並ぶだけの場所で、永い年月をひとつの骨壷が過ごす場所であるというよりは、一時的な、仮の置き場として使われていたのです。
お墓が出来上がるまで、遺骨を納める場所がない。そういうとき、納める場所として使われていたのが納骨堂なのです。納めている間の面倒は、お寺に見てもらうことができますが、やがてお墓ができれば、遺骨はそこから出されてお墓に移動するのです。
お墓がそれから子供に、孫にと受け継がれていくような時代には、納骨堂は一時的な置き場としてよく活躍していましたが、現代はそういう時代ではなくなっています。
あえて子供を作らない人もいるし、結婚しない人もいるし、親戚づきあいをしない人もいます。遺骨の面倒をお寺の人が見てくれるという納骨堂を「一時」ではなくもっと永い時間利用したいと思う人が増えたのも、当然のことなのです。そのような声を受けて、納骨堂は「永代供養」のための場として使われるようになったのです。